国際川崎病シンポジウム

国際川崎病シンポジウムは、日米交互に2~3年おきに開催され、AHA(American Heart Association)のひとつのプログラムに位置づけられ、開催されています。日本、米国の川崎病を専門とする小児科医のほか、病理学・疫学・微生物学・免疫学などの基礎医学研究者や心臓血管外科医、循環器内科医などの専門医も幅広く参加いただいています。多種多様な分野の専門家が一同に会し、川崎病の基礎および臨床に関する研究成果を報告し合い、その原因や治療法に関して討論するために開かれています。
特に、最近では日米だけではなく、中国、韓国、ベトナム、インド、ロシア、タイ等のアジアの先生方やヨーロッパ、南米等にも呼びかけ、各国の状況を報告いただくとともに、世界的にコンセンサスとなる事項について、それぞれ確認し合うことを計画しています。そして、子ども達を川崎病から救うことを目指しています。

The First International Meeting on Kawasaki Syndrome(第0回)
開催年月日 1983年10月27~29日
開催場所  Fuji Education Center, Fuji, Shizuoka, Japan
会長    小林 登先生 東京大学医学部小児科

  The First US-Japan Workshop on Kawasaki Disease(第1回)
開催年月日 1984年1月15~17日
開催場所  Makaha, Hawaii, USA
会長  Marian E. Melish, 先生
University of Hawaii, Honolulu, USA

第2回国際川崎病シンポジウム
開催年月日 1986年11月30~12月3日
開催場所  Kauai Hilton Hotel, Kauai, Hawaii, USA
会長  Stanford T. Shulman 先生
Children’s Memorial Hospital, Northwestern University, Chicago, USA

第3回国際川崎病シンポジウム
開催年月日 1988年11月29~12月2日
開催場所  経団連会館、東京
会長    川﨑富作先生
 日本赤十字社医療センター 小児科

第4回国際川崎病シンポジウム
開催年月日 1991年12月1~4日
開催場所  Maui Inter-Continental Wailea, Hawaii, USA
会長  Masato Takahashi,先生
Children’s Hospital of Los Angels, USA

第5回国際川崎病シンポジウム
開催年月日 1995年5月22~25日
開催場所  アクロス福岡 国際会議場、福岡
会長    加藤裕久先生
 久留米大学医学部小児科

第6回国際川崎病シンポジウム
開催年月日 1999年2月11~14日
開催場所  Hilton Waikoloa Village, Waikoloa, Hawaii, USA
会長  Jane W. Newburger,先生
Children’s Hospital, Boston, MA, USA

第7回国際川崎病シンポジウム
開催年月日 2001年12月4~7日
開催場所  箱根プリンスホテル、箱根、静岡
会長    直江史郎先生
東邦大学医療センター大橋病院 病院病理部

第8回国際川崎病シンポジウム
開催年月日 2005年2月17~20日
開催場所  Omni San Diego Hotel, San Diego, CA, USA
会長  Jane C. Burns,先生
University of California San Diego,USA

第9回国際川崎病シンポジウム
開催年月日 2008年4月10~12日
開催場所  Grand Hotel, Taipei, Taiwan
会長  Hung-Chi Lue,先生
Emeritus, National Taiwan University

第10回国際川崎病シンポジウム
開催年月日 2012年2月7~10日
開催場所  ハイアットジェンシー京都
会長  佐地 勉先生
          東邦大学医療センター大森病院 小児科

第11回国際川崎病シンポジウム
開催年月日 2015年2月3~6日
開催場所  Hilton Hawaiian Village Honolulu, Hawaii
会長  Anne Rowley 先生(Northwestern University)