事業報告

平 成27年 度 事 業 報 告 書
平成27年4月1日 から 平成28年3月31日まで

特定非営利活動法人日本川崎病研究センタ-
1 事業実施の方針
 川崎病に関する講演や医療相談、国際的共同研究の推進、治療法、病因および発症機序の解明に 関する研究など下記の事業を行い別冊のような成果を得た。
2 事業の実施に関する事項
 特定非営利活動に係る事業

事業名 事業内容 実施日時 実施場所 従事者の人数 受益対象者の範囲及び人数
川崎病に関する相談事業 川崎病に関する電話相談、医療相談など 平成27年4月1日から平成28年3月31日まで 日本川崎病研究センター 10名 川崎病患児、医師、保護者など
川崎病の教育並びに啓発活動 川崎病市民公開講座協賛、川崎病HP維持管理、講演、講義など 平成27年4月1日から平成28年3月31日まで 日本川崎病学会、日本川崎病研究センター、親の会 10名 川崎病罹患児(累計約30万人)、医師、保護者など
国際共同研究 諸外国に於ける川崎病疫学調査、講演など 平成27年4月1日から平成28年3月31日まで India(Chandigar)、日本川崎病研究センター 10名 諸外国に於ける川崎病罹患者、医師など
川崎病の疫学的研究 川崎病患者の全国調査による予後の解明 平成27年4月1日から平成28年3月31日まで 自治医科大学、日本川崎病研究センター 10名 年間患者発生数
(約13,000名)
公募研究 川崎病の病因、発症メカニズムの研究 平成27年4月1日から平成28年3月31日まで 名古屋大学 国立成育医療研究センター 東京都立小児総合医療センター 千葉大学 九州大学 5名 川崎病罹患児(累計約30万人超) 、その保護者など